サック式の箱

サック式

差し込む形のフタが上下についている形状。最も一般的な形で比較的コストも安い。キャラメル箱ともいう。

下組の箱

下組(ジゴク底)

四面の底板を組む事とにより形成する箱。上部は差込式でサック式になることが多い。サック式よりも底面の強度が上がるが、ワンタッチには劣る。比較的コストはかからないが、箱を組むのに手間がかかる。

ワンタッチ式の箱

ワンタッチ式

底の二カ所が糊で接着されており、箱を組み立てると自動的に底が組まれるのでワンタッチと呼ばれる。サック式や下組よりも強度があり、組立の手間を省く事が出来る。

スリーブ式の箱

スリーブ式

筒状になった箱をスリーブといい、スリーブと身箱を組合わせたスライド式の箱。身フタの身の部分やサック式などと併用される。

ミフタの箱

身フタ(組箱)

身とフタそれぞれを紙を折って組み立て、身にフタをかぶせる形の箱。通常は糊貼りをしない型式。お菓子などの贈答品などに使われる事が多い。

N式の箱

N式

フタと底が一体になったワンピースタイプの箱。側面を組みフタを差し込んで箱になる。糊貼りがないので、コストを抑えることができる。

かまぼこ型の箱

かまぼこ型

天面が曲線になった食品のかまぼこに似た形の箱。食品のパッケージに良く用いられる。

ピローケース

ピローケース

形が枕(ピロー)に似ている事からピローケースと呼ばれる。フタ部分に曲線のスジをつけて箱の厚みを作っているのが特徴。アクセサリーなど小さく軽いものに使用され、積み重ねや陳列には向かない。

ギャリー式の箱

キャリー

持ち運びに便利な持ち手がついている箱。ケーキやお菓子など持ち運ぶ商品に使用される。底は下組かワンタッチで、箱の厚みがない場合はふろしき型なども出来る。

ふろしき型

ワンピースタイプで、中身をくるむ形のものをいう。和菓子などの個別の包装などにも使用される。

紙箱の形状

SHAPES

ひとくちに紙の箱といっても、紙の材質・形状・表面加工など種類は様々です。
中に入れる商品や用途によって最適な形をご提案します。

表面加工

TREATMENT

OP(OverPrint)ニス

表面に透明な油性溶剤を塗りツヤを与え、色落ちを防止します。キズ、汚れ防止機能は他の表面加工に劣りますが、印刷と同時に加工するので低価格で若干の納期の短縮になります。食品関係の箱によく使われています。マットニスは若干の照りが残りのが特徴です。

マットニス

つやを消し、柔らかな手触りをニスコートで表現します。落ち着いた仕上りで高級感のある加工になります。

光沢コート

アクリル樹脂を塗装しツヤを与えます。キズ、汚れ防止機能はにすよりも優れ比較的安価で用途が広く、様々な目的のパッケージに使用されています。※従来、ビニール引きと呼ばれていた加工に相当します。現在では環境を考え塩化ビニールではなくアクリル樹脂を使用しています。

UVクリアニス

プレスコートと同じ様な強い光沢をニスコートで表現します。印刷と同時に加工が出来るので、納期短縮につながります。

箔押し

箔版で印刷面を加圧し箔を転写させる加工で、オフセット印刷では出せない凹凸と強い光沢を得られるのが特徴です。ロゴマーク等によく使用されます。

エンボス

印刷面に模様を型押しする加工で、デザインとの調和が出来れば印刷が派手でなくてもかなりインパクトのある仕上りを得られます。ワニ皮のバッグのような模様や、文字やロゴを浮き出させる方法などあらゆる場面で使用されています。

擬似エンボス

光沢部分とつや消し部分を使い、ニスのみで立体感を感じられるような加工をします。実際には凹凸をかけていないので、擬似エンボスと読んでいます。通常のエンボスよりも低コストになります。

プレスコート

印刷面に樹脂を塗装し、ローラーで圧力と熱を加えた後冷却し、強い光沢を与え、印刷面を十分に保護します。ニス、ビニール引きに比べて若干高価ではありますが、現在最も多くのパッケージに使用されています。

つや消し加工

光沢コートと同様の方法によりつや消し効果を与えます。マットニスよりも高価ではありますが、より深く、落ち着きのある仕上りを得られます。

フィルム/マットフィルム(PP・PET)

プラスチックフィルムと紙を貼合し、強い光沢を出す加工です。近年では環境問題からポリプロピレンフィルムを使用しています。高価で特殊な箱によく使用されています。ホログラムフィルムを貼合し様々な模様を付ける事も出来ます。マットフィルムはつや消し高価があります。マットビニールよりさらに落ち着きがあり、高級感のある仕上りになります。